一度ミスると何度も繰り返してしまうこと

語句の問題で、一度ミスると何度も同じミスをしてしまうものがあります。
それは、単純な覚え間違い。
でも、一度その間違った語句で覚えてしまうと、
どうもそればかりが頭に残るようで、
何度やってもそれを答えとして書いてしまいます。
例えば、
「タングステン(豆電球)」 → 「テングスタン」
「藤原鎌足(大化の改新)」 → 「藤原かたまり」
「ポルックス(ふたご座)」 → 「ポックルス」
などなど
やはり、初めに覚える時、どれだけ正確にしっかりと覚えられるかが、
後々に響いてきます。
漢字なんかもそうですが、
「初めに覚える時こそ正確に!!!」
を忘れずに。

コメント

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.