理科の記述で

こんばんは。
今日も1日終了です!
さて、理科の記述で子どもたちが書いている答えが気になったので、
今日はその話でも。
理科の記述では必ず「何が」が必要となります。
また、実験などの記述では比べていることを書くことが多いので、
「高い」や「低い」、「重い」や「軽い」といった言葉を使いたいときは、
しっかりと「どちらが」というような言葉を書く必要があります。
今日の問題では「気圧が低い」「膨張する」という言葉を使う必要があったのですが、
記述の書き出しがいきなり「気圧が低いので・・・・」という子が!!
何が?
「山頂では」とか「山頂は」とか入れておかないとね。
また、この問題では「袋が膨らむ理由」を答えるものだったので、
「袋の中の気圧が高くなるから」とか、
「山頂の気圧が低いから」とかだけではなく、
しっかりと「袋の中の気体が膨張する」という言葉が欲しいですね。
「高い」や「低い」は「膨らむ」という理由にはなりませんから。
まぁ中学受験では決まった記述があるので、そのまま覚えてしまうのもアリです。

コメント

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.