またしてもお帰り問題

こんばんは。
今日も一日終了です。
今日も久しぶりに5年生でお帰り問題を。
以前もやりましたが、
今回は更にもう一段階厳しくしてみました。
というのも、
水曜日の段階で「絶対に覚えてきてね」と何度も確認した部分だったからです。
更に、授業中に解いた問題をそのままお帰り問題にしました。
つまり、「できて当たり前」の意識が必要なのです。
やはり、しっかりと覚えてきた子、授業中に集中できていた子はすぐに終わり、
どんどん帰っていきました。
前回は、22:00の段階で全員終了としましたが、
今回は終わるまで帰さないという指示。
結局終わらなかった子もいましたが、22:30で全員帰しました。
うちにとってお帰り問題は一つのツールです。
「質問すること」
「できない原因をつかむこと」
「やるべき事をしっかりやること」
「あきらめないこと」
etc…
色々な要素を考えて、やっているので、
子どもたちにとっては結構大変かもしれません。
こちらも泣かせるつもりでやっていますから。
でも、中学受験は適当にやってできるものではないので、
やってみようと思ったら、本気でやらなければ損です。
今は、キツイと思うかもしれませんが、
それが当たり前と思えたときには、
勉強面も精神面もそれだけレベルアップしているということ。
今後もお帰り問題はやっていきますから、
自分の勉強の仕方や授業の集中の仕方など、
少しずつ自分に合った方法を見つけていきましょう!
それでは。

コメント

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.