親心

「頑張れ」と塾長は極力言いません。
立ち会い激励の時も、「いつも通りやってきて~」とか「今しか経験できないから楽しんできて~」と言って送り出します。
子どもたちが、できるだけリラックスして試験に臨めるように。
国語の読解問題で『頑張れという言葉をかけられた時の感じ方の違い』という内容の文章が出たので、子どもたちの意見を聞いてみたところ、
「嬉しい」「やる気が出る」という子がいれば、
「緊張する」「プレシャーを感じる」という子もいました。
「いちいち言わないでほしい」というプチ反抗期の子も(笑)。
大人が善かれと思ってかけた言葉が、子どもには逆効果ということもあるようです。
世の中の受験生は、きっと誰もが努力している。
これ以上、何を頑張れっていうの?という気持ちになるかもしれません。
でもね。
ここまできたらパパやママはもう、頑張れとしか言ってあげられないんですよ。
厳しい状況にあるなら、そんな我が子を見て、代われるものなら代わってあげたいと心を痛めている。
今は自分のことに精一杯で、心に余裕はない子どもたちですが、いつの日かわかってくれるといいなと思います。
~R~
========お知らせ========
◆新年度入会受付中。
*詳細はお問い合わせください。
*先着順となりますので、ご了承ください。
====================

コメント

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.